顎顔面補綴
MAXILLOFACIAL PROSTHETICS

44巻2号 Volume 44 Number2

総 説
顎顔面補綴
私と顎顔面補綴との関わり
鱒見進一1(17)
原 著
社会医療診療行為別調査からみた過去10 年間の口蓋・顎補綴治療の変化佐藤裕二,古屋純一8(24)
Factors Affecting Resting Energy Expenditure in Patients Treated for
Head and Neck Cancer in the Perioperative Period
Hiroko TANI, Yuka I SUMITA, Mai MURASE, Shuichi INO13(29)
研究論文
気管内挿管時の歯の保護用の口腔内装置に関する検討川俣 綾,井出ひろみ,若杉葉子21(37)
無歯顎上顎欠損に対する口腔内装置製作の臨床的工夫と周術期マネージメント萩原純孝,寺田星乃,花井信広26(42)
形状記憶ゲルの歯科臨床応用に向けた物性の評価原田貴之,小山重人,星野智大,泉田一賢,加藤裕光,
佐藤奈央子,川上 勝,古川英光,佐々木啓一
32(48)
認定医症例報告
下顎辺縁切除患者に顎義歯の設計変更で対応した症例荻野洋一郎42(58)
下顎区域切除再建後に顎義歯にて機能回復を図った症例白石 成48(64)
再発を繰り返す鼻腔癌患者の上顎顎欠損に対する顎義歯を製作した一症例澤田俊輔,兒島由佳55(71)
その他
第38回学術大会 抄録60(76)
第38回総会・学術大会 報告70(86)
第22回理事会議事録72(88)
2021年度社員総会議事録74(90)
各種委員会報告76(92)
2020年度庶務報告80(96)
2020年度決算・2021年度予算81(97)

過去発行誌の目次はこちら

●Backnumber
2020 Vol.43 No.1 No.2
2019 Vol.42 No.1 No.2
2018 Vol.41 No.1 No.2
2017 Vol.40 No.1 No.2
2016 Vol.39 No.1 No.2
2015 Vol.38 No.1 No.2
2014 Vol.37 No.1 No.2
2013 Vol.36 No.1 No.2
2012 Vol.35 No.1 No.2
2011 Vol.34 No.1 No.2
2010 Vol.33 No.1 No.2
2009 Vol.32 No.1 No.2
2008 Vol.31 No.1 No.2
2007 Vol.30 No.1 No.2
2006 Vol.29 No.1 No.2
2005 Vol.28 No.1 No.2
2004 Vol.27 No.1 No.2
2003 Vol.26 No.1 No.2
2002 Vol.25 No.1 No.2
2001 Vol.24 No.1 No.2